はっとり歯科クリニック・日吉・箕輪町・歯科

はっとり歯科クリニック・日吉・箕輪町・歯科

むし歯のない白くて丈夫な歯。きれいな歯並びと正しい咬み合わせ。
それは子供にとっては一生の財産であり、親御さんたちの願いでもあり責任です。
子供のときから、きちんと歯磨きをし、正しい予防を身につけることが出来れば、一生ものの歯も充分に実現可能です。
はっとり歯科クリニックでは、『できるだけ削らない、抜かない』というポリシーのもと治療計画を立てます。
それは、ちょっとでも削った歯は決して元通りにはならず、健康な歯よりも虫歯になる確立が高くなるからです。
成人の虫歯治療の約半数は、昔治療した歯が再び虫歯になった。詰めものがとれた。など治療した歯の不具合によるものです。最初はちょっと削って治した歯も、やがて金属の詰めものになり、金冠をかぶせるようになり、歯の寿命はどんどんと短くなっていきます。
5〜6歳になると、下の一番奥に第一大臼歯という永久歯が生え始めます。この生えたばかりの永久歯にいかに虫歯をつくらず、削らずに健康を保てるかが将来の歯の寿命に大きくかかわってくるのです。
私たちは『子供の虫歯治療は、歯の寿命を大きく左右する』と考え、安易に削ることはしませんので、ご安心ください。
そして、小児歯科において、最も重要なことは、『痛くないし、怖くない』という印象を持ってもらうことだと考えます。お子さんたちにとって、最初に受ける歯科治療が痛いものだとしたら、その子にとって生涯、歯医者さんを嫌いになり怖がる原因を作ることになってしまうからです。
痛みを感じない治療を行うため、局所麻酔を行います。まず、表面麻酔の薬を塗り、ゆっくり注意深く行うので安心です。
子供たちが、歯医者さんを好きになってくれることが、歯科医師にとっての究極の願いかもしれません。