一般歯科GENERAL

CAVITY痛みを抑えた虫歯治療

患者さんの負担をできるだけ抑えた虫歯治療

歯科医院で扱う治療の代表は、「虫歯」ですが、一口に虫歯治療と言っても、その方の年齢や生活環境、むし歯の性質などによって治療方法は変わります。当院では患者さんのさまざまな状況を考慮し最適な治療方法をご提案しています。

「冷たいものがしみる」、「歯が変色してきた」など、むし歯の初期段階かもしれません。一度進行してしまった虫歯は自然には治らないため、お口の健康を守るためには早期発見・早期治療が大切です。お早めに当院へご相談ください。

むし歯のメカニズム
~虫歯を招く条件と3つの要素~

虫歯は誰もがなる可能性のあるお口のトラブルです。むし歯のメカニズムは解明されており、その仕組みを理解していれば効果的に予防することができます。どうして虫歯になるのか、そのメカニズムを知って予防に役立てましょう。

細菌(虫歯菌)の数

虫歯は、虫歯菌が作り出す酸によって歯質が溶かされてしまう病気です。そのため、お口の中の虫歯菌が多ければ多いほどむし歯になりやすくなります。

 

お口に残る糖分の量

虫歯菌は、お口に残っている糖分を栄養源にして酸を作り出します。そのため、お口に残っている糖分の量が多ければ多いほど虫歯になりやすくなります。

 

歯質の弱さ

歯質の強さ(弱さ)には生まれつき個人差があり、歯質が弱い人の場合は虫歯菌の出す酸によって歯が溶かされやすくなります。

 

麻酔時の痛みを抑える工夫

痛みや不快感の一番は「麻酔時」に感じます。当院では、麻酔時に生じる痛みを抑えるために、次の方法を採用しています。

  • 表面麻酔

    表面麻酔

    あらかじめ歯ぐきに麻酔薬を塗ることで、「チクッ」とする痛みを軽減します。

  • 電動麻酔器

    電動麻酔器

    電動麻酔器を使用することで、速度・圧力を一定に保てるため、痛みを抑制することができます。

  • 細い注射針

    細い注射針

    極細の針を使用することで、できるかぎり注射の際の刺激を抑制します。

「できるだけ削らない・抜かない」~保存治療~

保存治療

当院では、できるだけ抜歯を回避し、可能な限り削らない「保存治療」を行っています。

保存治療とは、可能な限り歯を抜いたり削ったりする治療を回避し、天然の歯を長持ちさせる治療のことです。抜いたり削ったりすることは簡単ですが、当院では患者さまにとって負担になる治療を出来る限り避け、天然の歯を守る治療を心がけています。

ROOT根管治療

重度のむし歯でも「根管治療」で歯の喪失をできるだけ防ぎたい

根管治療(根の治療)とは、重度のむし歯になった場合でも歯を抜くことなく治療する方法です。 重度のむし歯は、神経にまで細菌に冒され、抜歯しなければならなくなってしまいます。歯の神経を取って根管を洗浄し、神経の代わりに薬を詰めてフタをする治療です。

根管治療

治療を避ける最も良い方法…「予防」
~定期検診で健康管理~

定期検診

日本では、「歯医者へは、歯が痛くなったり、虫歯になったりしてから行くところ」と考えがちですが、スウェーデンやアメリカといった歯科先進国では「歯医者へは、病気にならないように通うところ」という考え方が定着しています。この意識の差が、将来の歯の健康に大きく影響するのです。

最近では、日本でも「治療よりも予防」という考えの方が徐々に増えてきています。虫歯や歯周病で苦しむ前に、定期検診や歯のクリーニングで、お口の健康を守っていきましょう。