予防歯科PREVENTIVE

PREVENTIVE予防は治療と同じくらいとても大切です
~予防という習慣を~

予防は習慣

本では、「歯医者へは、歯が痛くなったり、虫歯になったりしてから行くところ」と考えている方が多いようです。その一方で、スウェーデンやアメリカといった欧米の歯科先進国では「歯医者へは、病気にならないように通うところ」という考え方が一般的。

そしてこの意識の差が、将来の歯の健康に大きく影響するのです。 最近では、日本でも「治療よりも予防」という考えの方が増えてきています。

こちらでは、当院の予防歯科についてご説明します。虫歯や歯周病で苦しむ前に、定期検診や歯のクリーニングという習慣で、お口の健康を守っていきましょう。

治療ではなく予防意識を高めましょう

なぜ、「治療よりも予防」という考え方が大切なのでしょうか?

虫歯や歯周病にかかってしまった場合、治療することによって「痛む」「しみる」といった症状を改善することは可能です。しかし、いったん治療した歯や歯周組織は、決して元に戻ることはありません。

歯の治療では一般的に患部を削って病気の部位を除去しますが、その処置によって歯やからだには必ず負担がかかります。さらに治療を繰り返すことによって、歯はダメージを受け、再び病気にかかるリスクが高まってしまうのです。そして最終的に、大切な歯を失ってしまうことにもなりかねません。

だからこそ当院では、歯の健康においては、病気にかかって治療することよりも「病気にかからないように予防する」ことが大切と考えています。一生自分の歯で咬める幸せを得られるように、当院の予防歯科へご相談ください。

 

海外と日本の予防意識の差

「虫歯になってから歯科医院へ行く」という考えの方が多い日本とは異なり、歯科先進国といわれる北欧やアメリカ、イギリスなどでは予防・メインテナンスのために歯科医院へ通うことは当たり前です。そしてその意識の差は、高齢になってからの残存歯数にあらわれます。

日本は世界でも有数の長寿国でありながら、高齢になってからの歯の残存数は決して多くはありません。たとえば厚生労働省の調査によると、欧米諸国と日本には次のような大きな差があります。

  日本 イギリス アメリカ スウェーデン
80歳の残存歯数 8本 15本 17本 20本
メインテナンス受診率 2% 70% 80% 90%

このように定期的に歯科医院に通って予防・メインテナンスを受診することで、80歳時点の残存歯数が明らかに違ってくるのです。高齢になっても自分の歯でおいしく食べられたら幸せですね。今から歯科予防の意識をもって、歯の健康を守っていきましょう。

 

当院の予防処置メニュー

  • PMTC

    PMTC

    PMTCは、プロによる専門的な歯のクリーニングです。虫歯や歯周病予防になるだけでなく、飲食物やタバコなどによる着色汚れを落とし、歯本来の自然な輝きを取り戻すこともできます。口の中がすっきりし、知覚過敏の改善や口臭予防にも効果的です。

  • 噛み合わせのチェック

    噛み合わせ

    咬み合わせが乱れていると、虫歯や歯周病にかかるリスクが高まります。患者さんのお口の状態に合わせて、咬み合わせの調整や詰め物・被せ物の調整、矯正治療をご提案しています。虫歯や歯周病にかかりにくい口腔内環境を目指します。

  • 歯科領域における生活習慣指導

    生活習慣指導

    虫歯や歯周病は毎日の生活習慣と深く関係している病気です。したがって、食事の時間や間隔、食事の内容、睡眠、ストレスといった生活習慣をお伺いして、健康維持に適さない生活習慣があればその改善によって口腔内環境を整えることを目指します。

  • ブラッシング指導

    ブラッシング指導

    毎日のブラッシングは、虫歯や歯周病予防の基本です。歯並びやお口のかたちに合わせた磨き方や、歯ブラシの選び方、ブラッシングを行うタイミングなどのアドバイスを行いますので、ご自宅で行うセルフケアの改善につなげましょう。

  • フッ素塗布

    噛み合わせチェック

    フッ素には歯質強化や、再石灰化を促したりする働きがあります。定期的にフッ素を塗布することで、虫歯になりにくい強い歯にすることが期待できます。とくに乳歯や生えたての永久歯は弱く虫歯になりやすいので、フッ素による予防が効果的です。

  • 定期検診

    噛み合わせチェック

    患者さまお一人お一人のお口の状態に合わせ、3~6ヶ月に一度検診を行います。定期的な検診を受けることで、わずかな異変も見逃さず、早期発見・早期治療が可能になります。検診のご案内をさせていただきます。