口腔外科SURGERY

SURGERYお口の様々なトラブルも
ご相談ください

親知らずでお悩みの方は当院の口腔外科を受診してください

親知らずの抜歯やお口のケガ、口内炎……お口まわりに関して、歯や歯ぐきだけでなく、様々な部分にトラブルをかかえることがありますね。虫歯や歯周病だけでなく、こういったお口まわりの病気やケガに対応するのが口腔外科です。

こちらでは、横浜市日吉の歯医者「はっとり歯科クリニック」の口腔外科についてご紹介します。お口まわりのお悩みでどの診療科に診せたらよいのかわからない場合も、お気軽にご相談ください。

虫歯や歯周病以外でもご相談ください

お口まわりの病気としては虫歯や歯周病が一般的ですが、お口の中ではそのほかに様々な病気やトラブルが起こります。お口の中が痛んだり、口内炎ができたり、親知らずが痛んだりした場合には、口腔外科を受診してください。

口腔外科ではお口まわりの外科的処置を行います。口腔外科を診療することで、なかなか治らない口内炎も治療可能です。また不慮の事故で歯が折れてしまった場合にも、すぐに診療することで対処できる可能性があります。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

親知らずは永久歯の中でも最後に生える奥歯で、正式な名前は「第三大臼歯」といいます。親知らずは完全に生えてこなかったり、横向きに生えてきたりするので、まわりの歯に悪影響を及ぼす可能性が大きい歯です。

親知らずの生え方によっては、手前の奥歯との間に食べカスが溜まりやすくなり、虫歯や歯周病にかかるリスクが高まってしまいます。また横向きに生えてくることで、まわりの歯の歯並びを乱すことも。このためほとんどの場合、親知らずの抜歯が必要となります。

親知らずの歯根が曲がっていたり神経の近くにあったりする場合には、慎重に抜歯手術を行わなければなりません。当院の院長は、大学病院での豊富な臨床経験を積んでおりますので、難症例にもできるかぎり対応いたしますので、安心してご相談ください。

顎関節症

顎関節症

顎関節症は患者さんが最近急に増えており、とくに20~30代女性の患者さんが多い病気です。「口が開けづらい」「口を大きく開けるとカクカクっと音がする」「顎まわりが痛む」といった症状は、顎関節症が原因なのかもしれません。

顎関節症は顎の関節とその周囲にトラブルが起きる病気で、顎まわりの痛みから、頭痛や首の痛み、肩こりなどを引き起こすこともあります。軽度の顎関節症の場合は自然に治ることもありますが、重症化すると口も開けられず、食事がしづらくなるといった症状にもつながります。

顎関節症の方には、痛みや炎症を抑えるための薬を処方したり、開口訓練を行ったり、顎関節の負担をマウスピースで軽減したりなど、症状に合わせた治療を行っています。顎関節症を放置しておくと心身に悪影響を及ぼすこともあるので、早めに治療するようにしましょう。